内科の看護師の仕事内容

内科の看護師の仕事内容

内科はとても幅の広い科ですね。

呼吸器内科・循環器内科・消化器内かなど、様々な疾患を扱う科です。

看護師にとっても、とても馴染みのある科だと思います。

内科以外の科に勤めていても、内科疾患も持っている患者は多いですから、内科の知識が必要になる事も多いと思います。

私は、看護師バイトランキングで見つけた外科と内科の混合病棟にいました。

外科と内科の混合ですから、様々な科の患者がおり、手術から抗ガン剤の投与などあらゆる業務がありました。

内科の看護師の業務は体全般に関わる事ですね。

糖尿病や高血圧などの方も内科ですから、血糖測定や降圧剤の投与も行います。

癌の方も沢山いますから、癌に伴う合併症にも関わります。

もちろん抗ガン剤の投与や、終末期の患者の看護まで幅広く行うのが内科の特徴だと思います。

私は、内科の病棟で勤務するまでは内科は外科に比べると落ち着いていると思っていましたが、忙しさは違いますがやはりハードだと思います。

でも、とても勉強になりますし、幅広い知識が身に付くので、やりがいのある科でもあると思います。

最近は、転院が難しい長期入院の高齢者が増えていますから、オムツ交換や体交などの業務もある事が多いと思います。

内科での求人を希望される方は、求人情報サイトに登録する事をお勧めします。

求人情報サイトでは、好条件の求人を多数紹介してくれますし、各病院や各科の業務内容や、多く扱う疾患や症例を調べてくれますから、自分のやりたい看護をしている職場が見つかると思いますよ。

2015年4月 6日|