トラブルばかり起こす患者に疲れた看護師です

トラブルばかり起こす患者に疲れた看護師です

毎日病棟で患者さんに接していて、この仕事をやっていて良かったなと思う事はもちろん多いのですが、最近ある患者さんのことで悩んでいました。

その患者さんは高齢の男性なのですが、毎日のようにトラブルを引き起こすのです。
どこの病院にもトラブルを起こす患者さんは居ると思うのですが、本当に心身ともに疲れてしまいますよね。
私の病院の患者さんは、看護師に対して大声をあげたり、薬や点滴を拒否したり、毎日面会に来る奥さんに暴言を吐いたり・・・。
奥さんが側に居ないと不安になったり興奮したりすることが多く、面会時間が終了していても奥さんに電話して病院まで呼びつけることもしばしばでした。
この患者さんと接さないといけないと思うと、毎朝職場に向かう足取りも重くなります。
また、患者さんに大声をあげられると正直怖いし、こちらもイライラしてして態度に表れてしまう事も。

しかし、私は看護師。
患者さんには平等に接し、患者さんの抱えている問題に正面から向き合わなければいけません。
そこで、職場では「今は仕事。私は看護師なんだからきちんとしなければ」と自分に言い聞かせることにしました。
どんなに大声を出されても、理不尽な訴えがあったとしても笑顔を心がけ、丁寧な言葉遣いで接し始めました。
辛い時もありましたが、患者さんは体や心に色んな問題を抱えていて、もっと辛いんだと思い、少しでも寄り添った看護が出来る様に勤めました。
そういう態度を心がけて数日経った日のこと。
いつもなら薬を拒否する患者さんが自分からすすんで薬を飲んでくれたのです。
毎日、根気強く薬の重要性を説明したり、患者さんの話に耳を傾けてきたことが患者さんの心を少し動かしたのかもしれません。
患者さんの様子が良い方向に変わったのはとても嬉しかったです。

2015年3月19日|