訪問入浴 派遣ナース

看護師やってて良かった!(^^)!と思えたのはいつ頃ですか?最初は辛いだけの日々が長いですよね?

看護師というのは、想像以上にとてもハードでキツイ仕事です。
特に、新卒1年目の頃は、理想と現実とのギャップに悩む事が多く、辞めたいと思った事は数えきれません。
家に帰ってきて泣いてしまう事も多々ありました。
私が新卒で配属された職場は、急性期の病棟で、重症度が高い患者さんが沢山入院していました。
急変は毎日数件あり、常に救急カートが出動していた感じでした。
ハードな職場という事もあって、先輩看護師はキツい方ばかりで、意地悪な事を言われる事も沢山あったんです。
でもそんな時に、患者さんから優しい言葉をかけられる事も多く、患者さんに救われているんだなといつも思っていました。
だから、効率良く仕事をこなして、患者さんと接する時間を作るように努力していました。
でも、優しく声をかけてくれていた患者さんが亡くなった時には、本当にショックで涙が止まりませんでした。
気持ちを切り替える事がなかなかできなくて、落ち込んでいる事が多かったんです。
でも、他の患者さんもいますから、落ち込んでばかりはいられません。

 

そのような状況の中で頑張ってきて、看護師をやっていて良かった、仕事が楽しい、と思うようになってきたのは、
働き始めて3年目くらいからです。
それまでは、職場の人間関係に悩まされたり、仕事をなかなか覚える事ができなかったり、プレッシャーばかりで、
毎日仕事をするのが怖くて仕方がありませんでした。
当時はとにかくすべてにおいて必死だったんです。
挫折する事なく、看護師の仕事を続ける事で、自分にだんだん自信がついてきました。
仕事が楽しいと思うようになるまでは大変ですけど、諦めないで本当に良かったと思っています。
頑張って続けていれば、必ず良かったと思える日がきます。