訪問入浴 派遣ナース

検診の派遣

検診派遣は、季節によって仕事量に大きな差があって、一番多いのは春から夏の上半期です。下半期はほとんど仕事がないために、検診の派遣専門でやっている方は少ないみたいです。

 

派遣会社からの派遣ではなく、看護師求人情報サイトに登録して紹介してもらった場合、検診以外の単発の仕事や希望に合った仕事をいろいろと紹介してもらえるので、年間を通して、派遣での仕事が出来るそうですよ。

 

検診は病院や施設勤務よりも楽なイメージがあると思うのですが、検査内容によっては、項目がたくさんあったり、種類が多かったり、次々と検診していくためロスタイムがないよう、検査がうまく流れるようサポートしていなければならないので、医療看護とはまた違った技のいる仕事だといえます。

 

心臓検査など学校を検診車でまわったことがありますが、たまに医学部の学生が助手として、勉強もかねて、アルバイトで来ていたりするんですよね。

 

時々、こんな子が将来医者になるのかとがっかりすることもありますが、学生の間にいろいろ経験しておくと良いですよね。

 

医学部の学生といえば、医学部の生徒で作っているオーケストラなどあったりするのですが、実にレベルの高いオーケストラが多数あるんですよ。

 

私は中学・高校生の時に、地元のジュニアオーケストラに入っていたのですが、バイオリンの上手な子達はたいてい医学部希望で、私が在籍している間のコンサートマスターは歴代、医学部に進学していました。

 

医学部に合格する学力があるだけでもすごいのに、どうしてバイオリンもあんなに上手になれるのか、天は二物を与えるものなんだなぁと子ども心ながら思ったことがあります。

 

そんな中で、すごくバイオリンが好きな男の子で、本当はバイオリンで音楽大学に行きたいんだけれど、親が許してくれないから、京都大学に進学すれば親は納得するだろうから、そのあと、京都のオーケストラに入団するのが夢だ、と話してくれた子もいました。